×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新語「アサヒる」誕生?                                      トップへ戻る

青白い顔、張りない声 おわびで幕 安倍首相会見

 やつれたような表情、張りのない声……。入院から12日目、東京都内の慶応大病院で記者会見した安倍首相にかつての力強さはなかった。辞意表明の時期を「最悪のタイミングだった」と自ら反省。 辞任を決めた最大の理由は体調不良だったと強調した。会見のテレビ中継を見た識者らは、病状を気遣いつつも、厳しい印象を口にした。安倍氏は、辞任の最大の理由が健康問題だったとしたうえで、「在職中に自らの体調について述べるべきでないと考えていた」と釈明した。

 コラムニストの石原壮一郎さんは「自分勝手な美学で情報を隠し、国民を混乱させた」と話す。辞任時に体調不良を明らかにしていれば無用な混乱はなく、イメージダウンも防げたのではないかと指摘する。
「『アタシ、もうアベしちゃおうかな』という言葉があちこちで聞こえる。仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露だ。そんな大人げない流行語を首相が作ってしまったのがカナシイ」

ソース(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/0924/TKY200709240194.html

日本のオーラ/「アベする」朝日の「流行語捏造」騒動でネット燃える

 「アタシ、もうアベしちゃおうかな」―。朝日新聞が掲載したコラムニストのこんなコメントが、目下、ネットで 「流行語の捏造だ」などと大騒動に発展している。当のコラムニストのブログには批判コメントが殺到し、大炎上。お馴染み「2ちゃんねる」でも"祭り"の状態なのだ。キッカケは、入院中だった安倍前首相がおわび会見をした翌日、その模様を報じた9月25日付朝刊 (上記記事を参照)

(中略)

<あさひ−る【アサヒる】捏造すること。事実でないことを事実のようにこしらえていうこと。 ないことをあるようにいつわってつくりあげること>

<私の中で「アサヒる」という言葉はすっかり定着しました>

<流行語大賞に、なんとか「アサヒる」を・・・・・・>

など、すでに2万件近い書き込みが殺到し、逆に新たな流行語「アサヒる」まで誕生させる始末。 その次は今も他のブログ、サイトにどんどん延焼する"祭り"の状態なのだ。

(中略)

 捏造とまで批判された朝日新聞は、「特にご説明することはございませんが、当該記事に特別な意図などは全くありません」(広報部)と一切無視。それでも、「朝日はよく、ネットは検証せずに書いてるだけと主張してますが、じゃあ自分たちは石原氏のコメントを検証したのかと言いたいですね」(2ちゃんねらー) こんな声を聞けば、ちと耳が痛くはないですかね、アサヒるのが大得意の朝日サン。

ソース 週刊新潮 2007年10月11日号 (詳しくは添付画像を参照)

安倍内閣叩きの急先鋒だった朝日新聞は、最後に安倍首相の顔に泥を塗るつもりで、『アベする』という造語が流行していることをアピールしたかったのかもしれないが、そんな造語は実際には全く流行していなかったばかりか、満身創痍の安倍首相に同情する声が多かった。あまりに露骨に世論誘導を意図した朝日新聞の記事は逆に反感を持たれ、2ちゃんねる等のネットで叩かれ、『アサヒる』という新たな造語を生み出す結果になったようだ。